水道水の現状

健康

こんにちは(*^^*)

今日は日本の水道水の現状について

書いていきたいと思います

 

日本の水道水は世界一安全と言われている⁈

 

確かに…

でもそれは

「塩素」

をたくさん入れているからなんです!( ̄◇ ̄;)

 

塩素を大量に含む目的としては
赤痢(せきり)、コレラ、チフスなどの
法定伝染病の原因になるような
物質は水道からは絶対に出さないように
塩素を加えて、腐りにくくする為

 

なので、日本の水道水はたっぷりの
「塩素」を入れて殺菌されています

 

しかし塩素は、

タンパク質、ミネラル、ビタミン

壊します

そして細胞壁を傷つけます

=( ̄□ ̄;)⇒

 

 

水道水からは塩素によって

発がん性物質の「トリハロメタン」

大量に出ています

 

 

トリハロメタンとは・・・?

 

トリハロメタンとは発ガン性質です

 

 体に入るだけで

中枢神経や腎臓、肝臓器官にも

大きなダメージを与えることが

分かってきました

 

トリハロメタンの摂取は

アトピー性皮膚炎の悪化

喘息の悪化

集中力の低下

疲労感

イライラ

などの症状を引き起こすものです

 

 

また、最近ではトリハロメタンの含まれる

水道水を毎日飲んでいると

流産率が15%もアップすることが

分かりました

※アメリカのカリフォルニア州健康局データ

 

”沸騰させれば大丈夫でしょ〜”

 

そお、!

以前の私はなんでも沸騰させれば大丈夫!

と安易な考えでいました^^;

 

 

しかしそれが一番危険なことだと

分かりました

 

実は…

トリハロメタンは

沸騰することで一番発生しやすい

状態となるんです‼︎

( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)ノノ

 

なんと!

沸騰すると普段の2~5倍の量となります

 

20分~30分の沸騰を続ければ

トリハロメタンはやっと取り除くことが

出来るのですが

そうすると沸騰した水が底をつき

水がなくなってしまいますね(^_^;)

 

挙げ句の果てにガス代もかかってしまいます、、

これの蓄積によって日本では

赤痢、コレラ、チフスの感染病に

なることはないですが

世界一「ガン」になりやすい国という状態に

なっているのが現状です。。

 

 

そのほか…

もっとも発がん性物質の高い

アスベストダイオキシン

猛毒クロルデンなども、、T_T

 

 

さらに日本では水道水にまだまだ鉛管や鉄管を

使用していることが多い為

長い間使用され続けている水道管の現状は

こんな感じ( ̄◇ ̄;)‼︎

 

 

 

 

ヒィェーーーッ!!!!( ̄◇ ̄;)ノノ

 

ますますビックリ(><)

 

実は2000年、

WHO(世界保健機関)が
乳幼児、ちっさい赤ちゃんが鉛をとると

脳に障害をおこす

脳障害を起こすことがわかった

と発表されました。。

 

 

これだけではなく

水道水には目に見えない寄生虫やカビ、

ウイルス、バクテリア農薬など浄水場では

除去できない物資がたくさん

含まれています

 

 

 

知らなかった衝撃な事実、、m(__)m

 

でも知れて良かった…

では、次回はどうしたら安全なお水を

日々口にすることができるのか、?

その解決策をお話し出来たらと思います(^^)

 

それでは今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございます❁*✲゚

コメント

タイトルとURLをコピーしました